友禅ショールの製造過程

2015年10月16日

桔梗屋のストールの制作工程です。

桔梗屋の丹後ちりめん楊柳織広幅ストールの制作工程です。


丹後縮緬の楊柳織の生地を使用 
特注のシン縛りで生地を張ります。 




DSCF9317














こちらの生地を京都の桔梗屋の着物職人が何色もの色を手染め上げます。 

DSCF9439 













その上に柄を施します。 
DSCF9443





 







その上にもう一度仕上げに色を染め上げます。 

DSCF9458

















DSCF9451


















DSCF9738


 




















こちらの生地は丹後縮緬の楊柳織の生地を使用 
楊柳織とは 

細かい縦シワ(縦方向の凹凸 楊柳シボとも言います)の入った織物です。 
生地を織る際に、縦糸と横糸の太さを変え、横糸に片撚の強撚糸を(一方向に強く撚りをかけた糸)入れることによって縦シワを作ります。 

シワは生地の織り方そのもので作られていますから、伸縮しにくい生地です。 

生地に凹凸があるため、肌に密着せず涼しいのです

 
































kimonoya1 at 17:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)